樋口 剛志

PROFILE樋口 剛志

1979年生まれ。愛媛県出身。小学校から始めた野球は社会人まで続け、28歳の時にホテル・レストラン・結婚式場を運営する会社に転職。37才の時宣告された病気をきっかけに自らの食を見直すことに。趣味はとにかくおいしい食べ物を見つけること!座右の銘は”念ずれば花開く”

STORY 1出会い

父の疑問を解決した
電子技法

1976年、創業者である父と「電子技法」との出会いをきっかけに誕生した電子食品流通研究所は、電子食品を扱う食品会社として、長きに渡り健康につながる食べ物を提供してきました。創業当時の日本は、経済発展と共に農業も急速に近代化が進み、多くの化学肥料や農薬が使われるようになっていました。愛媛でみかん農家を営んでいた父もその潮流に乗り、化学肥料をたくさん使い、経済の豊かさと共に拡大する需要に応えるべく山を開き、増産を続けていました。

しかし、父はそんな農業のやり方に疑問を持つようになっていったのです。

化学肥料を使えば使うほど、害虫がやってきてみかんが荒らされ、多くの農薬を散布しなければならなくなっていく。その影響で健康被害を訴える農家の人が少なくない。「このままでは農家も消費者も大変なことになってしまう」この異常な状況に日本農業の未来を案じ、模索し、出会ったのが「電子技法」だったのです。

人生の転機

STORY 2人生の転機

自身の病いで
気づいた真の幸せ

父の会社の趣意書にこんな一文があります。
「社会と人々の不安、混迷を電子技法によって解消し、真に幸せな社会・人生を実現したい」

37歳の時私は大きな病気の宣告をされました。
真に幸せな社会や人生というものがどんなものなのか。
それはまだ私には分かりません。

しかし、健康であるということが、その基盤にあることは揺るぎのない事実だと思うのです。
日本の未来を担う、私と同世代の働き盛りの人たちに知ってほしいのです。
口に入れるものを正し、健康を手に入れる。
その先にこそ、豊かな人生があるということを。

故郷へ

STORY 3故郷へ

生まれ育った砥部へ

実家のある愛媛県砥部町は人口2万人程の自然豊かな小さな町で、砥部焼という焼き物とみかんの町である。
数年前実家を誰が継ぐのかという話が家族全員で開催された。実家を離れて20年以上経つ私にとっては何となく今後家はどうするのかと考えていた。様々な議論の中私が実家を継ぐという意思決定を行った。

理由は先祖代々続いている実家が自分の代で無くなってしまうのがどうしても引っかかっていたからだ。今まで携わってきた仕事が、古き良きものに新しい命を吹き込みその空間を再生していく風土の企業だったことも、実家を何とかしたいと思わせた要因だったのかもしれない。

「自分の代で家が無くなってしまっても構わない」
と言う父の姿は言葉とは裏腹に、どこか寂しい表情だったことを今でも鮮明に覚えている。

父が行ってきた自然食品の分野は2020年東京オリンピック・パラリンピックや少子超高齢化社会等々、今まで以上に注目がされることが予想されている。父の行ってきた事業、代々受け継がれてきた山や田畑、これらを今まで私が経験してきた全てを活かし、この小さな町から全国・世界に向けて食の大切さを発信することで、毎日がそして人生が豊かになっていくことを伝えていきたい。

↑ PAGE TOP